FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

金沢で活動するアコースティックバンド「LoveForLife」の活動紹介とTARUMIの雑感を綴っています。

最近は2週続いただけで、ずいぶん練習しているような錯覚に陥る。やばい?
しかし実力は全く伴っていない。全然フレーズが思い出せないし、やたらTARUMIギターが突っ込み気味。
昨日、一昨日と現場点検作業でえらく疲れたせいか、鼻も出て風邪っぽいせいか。
とにかくあまり頭が働かず、弾けない練習であった。TARUMIボーカル曲は練習せず。

もう一度逢いたい
まあこんなもんだろうけど、ソロ失敗。

今日はサビの変拍子ギターリフが全く弾けず、とちりまくり。
たどりつく場所
ハモリがちと怪しかった。入り際が音とれない。
でも全体的には構成も決まり、アレンジ完成に近いのではないかな。OKです。
誘いにいくよ
多少バタバタだが、まあ合格レベルか。ソロ、ものすごく突っ込んでいる。まともなリズムキープレベルではない。
時代の空
まあ悪くはない。
夏色の世界
Aメロになると突然もたる。ギターリフのせいか。
マニュアル
1番間奏から録音した分のみアップ。サビ前はこれでよいと思う。

うーむ、聴き返してみるとやや自己嫌悪。練習しよっ。弦もそろそろ替えるべきかな。
スポンサーサイト
2005.05.30.Mon 23:05 | LoveForLife BLOG | trackback(0) | comment(0)
熊木杏里、昨日テレビで見てからまたのめり込みはじめる。
今日検索してたら、「無から出た錆」のインタビュー記事を発見!

熊木杏里スペシャルインタビュー

これは面白ーい!そうか、なるほどって感じ。
確かに1枚目「殺風景」は、それなりによいのだけれど2枚目とは比較にならないと思う。
何がって、やっぱり詞だね。キラリと光る詞はそこここに見られる。例えば、1曲目「夢見の森」にしても、心臓の鼓動を「共に響け左胸のサイレン」なんて表現するのにはドキッとさせられる。なんだけど、全体としては非常に曖昧にしてある。だから、雰囲気だけでメッセージとしては伝わってこないんだよね。そこを狙っていたのだろうけど。
一方、2枚目「無から~」ではメッセージがわかりやすい。伝わってくる。というのは、詞が自分の言葉になっているのだと思う。自分の主張を伝えることができるようになった(技術的にも人間的にも)ということだと思う。

って書くと大変えらそうですが、とにかく2枚目は段ちがいでよい。詞で勝負できる。
そういう点では、現在のシングル「私をたどる物語」ははじめての人の詞なので、これは単なる通過点という曲だと思う。これで評価されては、逆に本人も不本意なのではないかな。
次のシングル曲こそが勝負だと思うよ。期待します。


2005.05.25.Wed 22:34 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
今日、仕事から帰ってきたらNHKだかのテレビがついていて、ちょうど5分とたたないうちに熊木杏里が出てきた。そして、「私をたどる物語」を披露。いいタイミングで帰ってきて、おまけにちょうどそのチャンネルがついていて超ラッキー!
テレビではじめてお目にかかったが、大変普通っぽい女の子でした。歌い方は、左手の動きがちょっと一青 窈(ひととよう)を素人にしたよう。歌はやっぱりうまかった。声がいい。
「私をたどる~」はアルバムには1番しか入っていなかったので、2番も聴けてよかった。2番は少女だったのね。
2005.05.24.Tue 23:00 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
4月29日以来の練習。GWもはさんだので、結構空いた。
1.DanceWithMe
まあ、こんなもんだろう。
2.誘いに行くよ
サビ、前回よりはもたっていないし、よいんでない。
ギターソロは復習しておいたのでOK。ハモリは「ぽっかりーまっしろなー」だけでも入れるということで。
しかしだいぶ聴けるようになってきたと思う。ギターデュオバージョンの方が逆に変に小細工がなくてよいかもしれないと思えてきた。
3.たどりつく場所
前奏のアレンジをいろいろ試してみたが、結局元に戻す。
サビのハモリをCHANTAの案で変えたら結構よくなった。あとはラストのところ。
4.DearU
2番もギターソロを入れることにしたが、フレーズネタがない。考えねば。
5.流星の12弦ギター
まあ、こんなもんだろう。
6.時代の空
うーん、長い。最後まで集中力が持たない。割りとよかったけど、悪いときと紙一重のような気がする。
いつもよりちょっと跳ね気味だが、この方がよいね。サビ前にオカズがほしい。
7.ListenToTheSong
歌詞カードを持って来なかったので、途中でぶっとびそうになったが、まあよかった。
8.マニュアル
ちょっと早め。ずぶずぶと遅いよりはよいが、サビ前とかもう少しタメがほしいかな。

先日HPのハードディスク容量を50MBに増設。というわけで2、3、4、6、7、8とたっぷり6曲を練習フォルダにアップ!

2005.05.22.Sun 00:51 | LoveForLife BLOG | trackback(0) | comment(0)
(岐阜~パパメコンつづき)
5月4日.アクア・トト目指して出発.しかし,道を間違えて木曾三川公園に迷い込んでしまった.げっ,すごい車!抜け出すの大変.ここでこれじゃあ,アクア・トトはどうなるの.
案の定アクアトトでは,すごい車の量で駐車できない.ものすごい遠くの西駐車場へ誘導される.しかも,ようやく駐車できても入場に30分待ちとのことだ.
うーむ,残念だが断念だね,これは.ちょい考えが甘かったようだ.しょうがないので,渋滞を脱出し,各務原のおがせ池に向かう.

ここで鯉にえさをあげて,しばし時間をつぶす.水族館のかわりといっちゃあなんだが,子どもたちも結構喜んでいるので良しとしよう.


さて,次に岐阜公園に行くことにする.ここなら遊具もあるので,子どもたちも喜ぶだろう.
ところが,またしてもすごい車の量で駐車場に入れず!もっと駐車場の整備をしたほうがよいんでないかい>岐阜.仕方ないので子どもたちと母,ばあちゃんのみ降ろして,じいちゃん(父)と2人で喫茶店でしばし時間をつぶす.
大人にとってはとても退屈であったが,子どもたちは遊具で遊び,名和昆虫館も見学して結構楽しんだようだ.まあ良しとしよう.

さて,そんなこんなで1日終わり,5時に岐阜をあとにした.今度は夏かな.そのときはぜひアクア・トトに行きたい.で,父の作ったパパメコン着ぐるみ<手塚プロデザイン>と握手できたらいいなあと思う.

上の猫まねきについての質問は受け付けません^^;.
2005.05.06.Fri 23:36 | TARUMI Family | trackback(0) | comment(0)
(岐阜~路面電車のつづき)
ところで,TARUMIの実家の家業は広告代理業である.
うちの母が昔からアナウンサーをしており,街頭放送や宣伝カー,スーパーや百貨店の店内アナウンスのテープを作成している.そこから派生して,金魚すくいなどお祭りの段取りや着ぐるみ貸し出しなど,宣伝業を一手に引き受けるようになっている.
で,着ぐるみなのだが,実はうちの父の手作りである.昔はどこかから借り受けた着ぐるみを使用していたようだ.そういえば子どもの頃,ロボコンの着ぐるみに入らせてもらった覚えがある.が,いつの頃からか父が自分で作るようになる.たぶんパンダか何かが最初だったと思う.その後,ウサギやら犬やら動物をたくさんこしらえ,7人の小人やエリマキトカゲなんていうのもあった.TARUMIが高校生の頃は友だちを誘ってアルバイトでよく着ぐるみを着ていたのだ.
で,ようやく本題であるが,最近岐阜の川島にオープンした淡水魚水族館アクア・トトというのがあるが,ここのキャラクター「パパメコン」の着ぐるみを先日完成させたばかりという.
この「パパメコン」,実はナマズなのだが,あなどることなかれ.なんとあの手塚プロダクションデザインのキャラクターなのである.そんな大物デザイナーのキャラの着ぐるみを,なんとうちの父が手がけることになったというから驚きである.
手塚プロ.実は何をかくそうTARUMIは小学校時代手塚治虫の大ファンのマンガ少年であったので,こんなところと仕事でお付き合いできるのは大変うらやましい.すごい.
そういうわけで,そんな話を3日の夜,飲みながら母と兄と話していた.明日の予定は決まっていなかったので,せっかくなのでパパメコンの着ぐるみを見に,アクア・トトへ足を運んでみようということになった.
(つづく)
2005.05.05.Thu 22:44 | TARUMI Family | trackback(2) | comment(0)
(岐阜帰省~ゾイドの玩具つづき)
ちなみに日菜といとこの友瑠ちゃんが買ったのはメルプチN.予算オーバーであったが,仕方あるまい.2人は通信しまくって,この2日間けっこう遊んでいた.まあよしとしよう.

ところで我が家の前は岐阜の市電が通る路面電車どおりだが,その電車もこの春で廃止したばかり.路面にはまだ線路が残っていたが,パンタグラフの走る電線は既にはずされていた.
一昨年だったか,子どもたちを乗せて柳が瀬まで買い物に行ったことを思い出す.
うーむ,赤字路線だから仕方ないとはいえ,電車が走っていない風景はやはりものさびしい.きっとこのまま,どこにでもありそうな町の風景に変わってしまうのだろうか.

「春」の歌詞には路面電車が登場するが,自分にとっての幼少時代の心象風景というのはこの路面電車であったり,長良川の川沿いの道であったりするのだ.
(つづく)

家の前のアーケード下で遊ぶたっくんと日路.その向こうが路面電車どおりだった.
2005.05.05.Thu 10:48 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
(~岐阜帰省つづき)
とりあえずマーサへ.今年はいつもとパターンを変えてまず玩具屋へ行って子どもたちに玩具を買ってやることにする.これで2日間,楽しく遊ぶだろう.
と考えたが,大変なことになった.日路に買ってもらったのは,ゾイドという恐竜の玩具.「これがかっこいい」と言って選ばせて(本人はウルトラマンの人形がいいと言っていた)帰ったところ,なんとプラモデルではないか!しかも部品点数がやたら多い!いとこのたすく君がマジキングで楽しそうに遊んでいるのを尻目に,プラモデルを組み立てる羽目になってしまった.
作業時間は2時間半に及んでようやく完成.おいおい,岐阜にプラモデル作りに来たんかい.
しかし出来上がってみれば,かなりかっこいい.モーターで口を開いて吼える姿は超リアル!これには日路もご満悦であった.
(つづく)

2005.05.05.Thu 10:06 | 物欲評 | trackback(0) | comment(0)
5月3,4日は実家の岐阜へ帰省.今回は3連休だったので,帰省も短めだ.
3日の7時20分頃出発.大垣I.C.で降りて実家には11時頃到着した.今回は兄が2日間とも仕事が重なっている.子どもたちは元気で,家の前で到着を待っていてくれた.
(つづく)
2005.05.05.Thu 09:54 | TARUMI Family | trackback(1) | comment(0)






PROFILE
ENTRIES
CATEGORY
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES