FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

金沢で活動するアコースティックバンド「LoveForLife」の活動紹介とTARUMIの雑感を綴っています。

先週、見て来ましたー!
この映画すごい特殊。普通じゃない。なのにこんなに心に残るのは何故?

アクが強い登場人物たちの、これまた毒々しいセットの中でのド派手な演技。話の組み立て方や演技とか目線とか、まるで演劇を見ているような雰囲気。

始まってしばらくは「このノリに子どもたちは最後まで持つのか?」とやや不安。
しかし、パコ登場で空気が変わってくる。
役所さんの魂の演技とアヤカウィルソンの屈託のない笑顔で、まずは芯がしっかりと出来上がる。そして、2人を取り巻く俳優陣のアクの強さが、逆にベタなストーリーを程よく調和して世界を創り上げてくれる。

最後はやられました。もう一度観たい映画です。
スポンサーサイト
2008.09.20.Sat 23:49 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
お盆はユニバーサルスタジオジャパンに行ってきましたーー!

そういうわけで今度こそUSJ旅行を振り返ってみたいと思う。細かいところは早くも覚えていないので適当だ。

2008年8月13日(金)
ユニバーサルスタジオジャパンへ出発。5時半に自宅を出発。タクシーにて金沢駅へ。雷鳥と大阪環状線を乗り継ぎ9時半、無事到着。

今回はホテル代をケチった代わりに、パークではエクスプレス7パスを事前購入済み。更に迷ったあげく買い損ねたネバーランドパスも入口でゲット。これで1日目の今日はそれほど並ばなくても楽しめるはずだ。高かったがまあ仕方がない。

とりあえず荷物をロッカーに入れゲートイン。中はなかなかの人。
早速、日央里がぐずる。持ち歩きたい荷物までロッカーに入れたらしい。そんなの知らんよ。いきなりショップでキティの財布を購入し、なだめすかす。

で、気を取り直してシュレック3Dへ。うーん、早くも70分待ちじゃないか。恐るべしユニバーサル。長蛇の列を横目にエクスプレスパスで鑑賞。

続いてE.T.へ。同じくエクスプレスパスにて。子どもたちは事前にDVDも見て予習してきたので大喜びだ。

出てきたところで11時15分。ちょうど目の前は11時半からのファンタスティックワールド会場なので、そのまま地面に場所を取り待つ。うーん炎天下、風もなく地面はむちゃくちゃ熱いので、ショーは面白かったのだがちときつかった。

向かいのスタジオ・スターズ・レストランにて昼食はカレー。母ちゃんのホワイトカレーがうまかった。ビールもうまい。

さあ、続いてバックドラフトへ。パスは使わず30分ばかり並ぶ。すげえ迫力。父は好きだったが、子どもたちと母ちゃんには不評だ。

バック・トゥー・ザ・フューチャーへ。パスにて苦もなく入場。
要するにバーチャルなジェットコースターみたいなものだが、激しい揺れに父は耐えられず、いやな汗が。。。酔うよ、これ。もう初めの街中のあたりからもうダメ。恐竜のあたりでは、頼むから早く終わってくれって感じだった。昼間のビールがいけなかったのか?
あーひどい。しばし休憩。
そういえば今回の旅行には、父、母、日菜は買ったばかりのCROCKSを履いてきた。道端に座って、行きかう人の足元チェックで和む。

続いてターミネーター。よくできてるねえ、これ。本当に地下に下りてくみたい。楽だし、休憩にはちょうどよかった。

そしてスパイダーマン。これが一番面白いなあ。同じバーチャルでも全然いやな汗かかないし、迫力もあってすごいです。せっかくだから写真を購入。

これでパスにて5つ終了。残すはジョーズとジュラシックパークだ。
ジュラシックパークはずいぶん前から日路が怖そうだからいやだと言い続けている。男のくせに何だよぉって感じ。更に1週間前に予習でジョーズの映画を見せたら、本気で怖がってしまい、こちらも絶対にいやだと言い張っている。確かに怖い映画だが。
が、今回はパスも買ってしまってあるので、否応なしに挑戦だ。1日目のクライマックスにふさわしいぜ。ふっふっふ。

さて、そう思いながらまだ時間があるので、キティちゃんのショーを見て日央里を喜ばす。思ったほど喜んでいなかったが。
そのままウォーターパレードが始まる。ウェットエリアにて鑑賞。思いっきり水かけられた。ふと周りを見渡すとみんな避難していないじゃん!
でも面白かった。気持ちいい。最高だ、このパレード。

そしていよいよ来ましたよー!ジョーズ!!
すげぇ、これも楽しい。父は実は小学校2年のときに映画館でこの映画を見てます!この後兄と一緒に恐怖映画に夢中になったんだよなあ、あーなんて子ども時代だ。
そんな懐かしさも混じりながらジョーズ堪能しました。あんなに怖がっていた日路がもうすっかりジョーズファン。お土産売り場ではジョーズのラジコンまで買って帰った。何なんだお前ってやつは。

さあ、最後のアトラクションはジュラシックパークです。
ちょうど日が落ちて、薄暗くなり始めていい感じ。ポンチョも着ずにずぶ濡れ覚悟で出発だー。
いやぁ、まあこれも何てことないけど最後が最高に楽しいね。ジャバーーン!って落ちた後ちょっと遅れて水しぶきがやってきて、みんな笑いながら終わることができる。いいっすねぇ。これまた写真を購入。

向かいのディスカバリーレストランにて夕食。恐竜のセットはすごいが、料理はまあ大したことなかった。

1日目のラストはネバーランドです。パスを購入したので結構いい席で鑑賞できた。このショーも楽しいです。パスの価値はあるかも。

そういうわけで1日目は無事終了!!
電車で大阪駅へ。ホテルは駅前の新阪急ホテル。出張でも泊まってことがあるようなところなのだが、ファミリーの部屋は安いのに結構よかったので、みんな満足。

8月14日(土)
ディズニーと違って、まだ記憶が鮮明なんだよな。この記事長いな。まだ2日目?

2日目はエクスプレスパスも持っていないので、ショーを中心にある程度は並ぶの覚悟でっていう方針。

オープンは9時ということなので8時50分目指して行ったが、既に開いているじゃないか。スヌーピーに向う。ペパーミントパティに一番に乗る予定だったが、早くも50分待ち。まずは15分待ちのグレートレースに乗る。怖がる子どもたち。小さいが意外と面白い。

ペパーミントパティに行くと60分待ち。あきらめて並ぶ。待ち時間は長くアトラクションはあっという間。しかしこれは楽しい。子どもたちも大喜び。

マジカルゴーラウンドに乗る。日菜と日路が選んだキリンとニワトリは上下に動かないやつで、走り出してから気がついて唖然としていた。
不満そうなのでもう1回乗る。

トト&フレンズに行く。動物たちすげえ。でも鳥は飛んでこなかった。

マンチキン・キッチンで昼食。勇気のカードをもらい損ねた。

モンスターライブへ。〆切前に滑り込み間に合い、何とかバラバラに座って鑑賞。

アニメセレブレーションへ。これはよく出来ているなあ。感心しきり。

ウォーターワールドへ移動。結構遠いな、この会場。このショーはすごい迫力で、爆発音もうるさかった。

さあこれで概ねアトラクションは制覇。ウィケッドは難しそうなので見送った。残すはセサミの3Dなのだが、行ってみると110分待ちだ。
とりあえずセサミのストリートショーを見物。ま、最悪これで良しということで。

夕方になり買い物に時間を費やすことに。日菜はビッグバードのグッズをいろいろ物色。父は日路のジョーズのラジコンに真似て、ジュラシックパークのラジコンカーを購入。

さあ夕暮れが押し迫ってきた。ここで大阪の町に戻り、うまいものを食べて乾杯という案もあったが、やっぱり最後までUSJで過ごしたいようだ。

気を取り直してアトラクションへ。まずは午前中も乗ったが、スヌーピーのグレートレースに再び並ぶ。45分待ち。写真を撮ってもらえるはずだから、その写真を入手しようということだったのだが、乗ってから訊いてみたら今は写真撮影やってないんだってね。

いよいよ最後にしようということで、子どもたちのリクエストが一番多かった夜のジョーズに乗ることにする。65分待ち。でもいいや、並ぶ。
夜のジョーズもなかなかムードがあって面白い。1回経験しているから、みんなもう怖がらずに楽しめました。

もう満足満足。十分USJ味わいました。では、帰路へ。。。ってところで見たらセサミ3Dが15分待ち!これは行くでしょう。
で、最後の最後のセサミ3Dもしっかり鑑賞できました!もう思い残すことはありません。さらばUSJ。

9時過ぎになってしまったが、やっとホテルへ戻ってきた。実はまだ夕飯を食べていない。コンビニでおにぎりとビール、ジュースを買出し、ホテルで祝杯をあげました。

みんな、お疲れさん!

8月15日(日)

最終日です。もう体力が残っていません。今日は日菜の友達で大阪へ転校してしまったまなちゃんと会う日です。

大阪駅で待ち合わせて海遊館へ行きました。

JRの駅員さんに教えられて事前に割引パスを買って行って正解。ものすごい行列。しかも炎天下。パスを買って行っても45分くらいは並んだ。買ってなかったらもっと大変だったでしょう。

ジンベエザメやらイトマキエイやら巨大な変わった生物が巨大な水槽を泳ぎまわっており、珍しかった。日菜はまなちゃんとはしゃいで、デジカメ写真撮りまくり。

日路は最後の売店で、サメのフィギュアが欲しくてたまらない。ジョーズのラジコンと対決させるのか?仕方なく父ちゃんのもの扱いで購入。

近くでタコ焼きを食べる。うまい。

道頓堀へ移動。変わった看板がいっぱいある。うーん、大阪っすねえ。

そういうわけで大阪の町をぶらぶらっとして、6時のサンダーバードで帰りました。

疲れたけどすごい楽しかった。思い出に残る旅だった。きっと子どもたちも大きくなってから振り返るような、そんな旅になったんじゃないかな。実現して本当によかったです。





2008.09.13.Sat 23:01 | TARUMI Family | trackback(0) | comment(0)






PROFILE
ENTRIES
CATEGORY
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES