FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

金沢で活動するアコースティックバンド「LoveForLife」の活動紹介とTARUMIの雑感を綴っています。

nag8615

@1995maron まーくんですかぁ(^O^)/父とともにデビューですな
06-29 22:50

@chanta1969 フォローを増やしていくのが結構面白いよ。有名人の生の声とか聴けるし。フォロー相手のフォロー先を覗くと広がって行くよ。オリラブ田島とかソカベとかフォロってあるので覗いてみて。
06-29 22:25

返信だと記事が引用されるんでない?さっきの@から始めたような記事も自分だけのフォロワーには見えないが、両者の共通フォロワーには見える。RT @chanta1969 @nag8615 返信ボタンから打ってみたが、、、
06-29 22:07

自分も理解したつもりが、またわかんなくなった。@名前ではじまる場合は通常相手にしか見えなくて、フォロワー全員に見せたい場合はリツィートかな RT @chanta1969 @nag8615リツイートって何ですか?よくわからない、、、。
06-29 22:01

@chanta1969 自分もイマイチわかってないんだよなf^_^;)打ち間違いがそのまま発信されたりしてあせる。
06-29 21:49

あっ間違えた
06-29 18:42

モノづくり
06-29 18:40

あっ復旧。時間差があった模様。よかったね。昼休み終了に間に合って。
06-29 12:45

メシ食っている間にSEから復旧のメールが。期待をこめてググる。いや、しかし、直ってないじゃん。あーーー。
06-29 12:29

会社のサーバー調子悪くてネットにつながらない。イマイチ仕事にならんよ。DNSがおかしいと思うけど。やむなくネットはiphoneで。
06-29 12:21

スポンサーサイト
2010.06.30.Wed 03:59 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
nag8615

@otakesi やあやあ、こんにちは?元気?ツイッター始めたけど、わかんないので教えてね。
06-28 22:21

@zuvo はーい!ツイッター始めたよーでもやり方よくわかんないや。まあよろしく。
06-28 21:52

@Mao0622 こんにちは?始めたばかりなのにフォロー数すごい!どうやって探してるの?自分も始めたばかりなのにフォローされていて驚いた!
06-28 21:48

@milkykoara 岡ちゃんすごーい!娘に理解されてるな。あの逆境から結果を出せるなんて、普通にはできません!
06-28 21:42

あー、とりあえずRTと返信とダイレクトの違いは理解。
06-28 19:15

日経 客員コラムニスト 西岡幸一氏10年後の居場所があるか米国のゴールドラッシュで成功したのは金鉱を掘り当てた者ではない。金鉱掘りの衣服を手がけたリーバイスや輸送通信サービスを提供したウェルズ。だってさ。10年後居場所あるかなあ。
06-28 17:30

自分ものっぽさんの前通るときは、いないかなーって思ってるよ!まだ良くわかってないので、教えてねー?RT @kouramutsumi @nag8615 いつも工場の前とおるとき、会わないかな?と思って見てますよ
06-28 12:24

えー、だってわかんないじゃん。例えばこんなときはretweet?、返信?、ダイレクトメッセージ?どれよ。RT @milkykoara おはよう?。参考書なんかあるの?習うより慣れろじゃん(^_^;)?@nag8615
06-28 12:20

2010.06.29.Tue 03:58 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
nag8615

子どもたちが逃走中見ていて、龍馬見られんよ。23時からのBS見るか。。
06-27 20:25

Twitterはじめてみた。まだ全然やり方がわかんない。とりあえず本屋で参考書買って来た。
06-27 16:27

2010.06.28.Mon 03:53 | 未分類 | trackback(0) | comment(0)
iphone OSは無事4.0にバージョンアップ。すごいですジョブス。
周りの声を聞いていると、ますますiphoneユーザーが増えそうな勢いだ。すごすぎる。

一方xPeriaを含むAndroid陣営のケータイは残念ながら、自分の周りでは見たことないんだよな。
iphone4発売日にひっそりとauから東芝製Windows mobileケータイも出ていたらしいが、
ほとんど取り上げられない。

さて、この後勢力図はどのように塗り変わっていくのだろう。

PC黎明期のAPPLE vs Windowsの関係が、そのままAPPLE vs GOOGLEで繰り返されている感さえある。
果たして、またも力の論理でAPPLEは敗北してしまうのだろうか。


APPLEの戦略は、ハードもOSも決して公開はしないこと。
自分たちでどちらもチューニングすることで、この完成度の高い端末を作り上げている。

が、ハードメーカはこれでは食っていけない。自分たちで作ることができないのだから。
なので、どうしてもオープンで尚且つAPPLEに対抗でき得るだけのテクノロジーを備えた
OSに頼ることになる。そうせざるを得ないのだから。

で、否が応にもGOOGLEに期待が集まる。
当然といえば当然の流れだ。


これは以前もそうだった。

MAC OSが出たとき、これにも世界は驚愕した。
が、Windows陣営は、あっさりこれをパクって、
ハードはIBM AT互換機という名の下に公開し、
OSは既に普及していたMS-DOSを基盤に、その上で動くという形でWindowsを展開した。

このときは確かにWindowsが勝った。APPLEは敗北したといってよいだろう。

メーカの力の論理が勝ったということだ。
ユーザーもまた、MS-DOSからの流れやソフトの入手性のよさなどから、
メーカの論理に従った、ということだ。


が、果たして今度はそれが通用するのか。

ハードを共通にした結果、仕様をオープンにしてしまった結果、
確かにメーカはそこでモノづくりができる。仕事ができる。
が、結局作り出されてくるものは、個性のない、どのメーカが作っても同じものに
なってしまったのではないか。

PCはプラモデルになってしまった。
結果、差別化も行えず、価格破壊も起こしてしまった。

オープン化という名の下に、個性のない製品でスタンダード化してしまったことが、
自分たちの首を絞める結果になってしまったのだと思う。


現時点での自分の想像であるが、

今度はメーカの論理は通用しない。ユーザーの論理が勝ると思う。

当時のMS-DOSのようなアドバンテージもなく、
クラウド主体となり、既に基幹アプリはハードに依存しなくなっている中で、
プラモデルのようなハードを多くのメーカが組み立てて、
いったい何を競争し、差別化するのだろう。

メーカには期待したい。
ぜひ、Windowsのときのような力の論理でなく、
テクノロジーの力でAPPLEに対抗しうる勢力が、台頭してきてくれないものだろうか。

GOOGLEのソフトテクノロジーがその1つなのだとしたら、
ぜひ対抗しうるハードのテクノロジーを兼ね備えたメーカと組んで、
他のメーカにはマネもできないような、
オンリーワンの製品を世に送り出すことに、専念してもらえないだろうか。

2010.06.27.Sun 22:23 | HOBBY | trackback(0) | comment(0)
iPhoneのOSが4.0にバージョンアップされました!

アップ日は昨日と聞いていたので、0時まで待っていたが気配なし。
検索したら、2時頃だというのであきらめて寝る。

今朝起きたらアップされていました。が、出勤前にインストールするのは非常にリスキーなので、
あきらめて出社。

帰ってきてから、ようやくインストールできました。
思いのほか早く終了。40分ぐらいで終わってしまった。

とりあえず下記の点が便利になりました。

1.ホーム画面の壁紙
iphoneの何が不満だったかっていうと、まずはホーム画面では背景は黒固定で変更できなかったことですな。
今やケータイは、各人のアイデンティティの象徴みたいなもんなのだから、
小さなこととはいえ、壁紙は個性を出したいと思う人がいっぱいいるでしょう。

そういうわけで、今回のバージョンでようやく対応されました。ぱちぱち。

で、えらそうなことを言っておきながら、結局個性もないデフォルトでついてきた壁紙に
設定しちゃっているんだよな。
ま、ゆっくり自分にあったものを探します。

2.フォルダ整理
アプリのアイコンをフォルダごとに分類可能になりました。
これは便利!ついつい調子に乗ってほとんどフォルダにしてしまったよ。
今まで9ページぐらいあったアプリが3ページになってしまった。2ページ目はすべてフォルダ。

3.マルチタスク
これはとりあえず、すぐには恩恵はなさそう。
対応アプリが増えてこないことには。



個人的には、基本機能のところをもう少し充実を図ってほしかった。

自分的に現在不満なのは、バイブ機能をもっと充実してほしいこと。
スケジューラなどで、時間10分前になったら、特定のバイブパターンでスヌーズを聞かせながら、
お知らせしてほしいわけ。
それをibiffをわざわざ起動せずとも、標準で対応してほしいわけ。

もう1点は、Wi-fiやbluetoothのON/OFFをタッチ一発でできるようにしてほしい。
例えば自宅以外では、バッテリー持ち重視なのでWi-fiとbluetoothは基本的に切りたい。
が、車に乗るときはカーナビと連動させたいので、bluetoothはONに切り替えたい。

こういった操作をわざわざ設定メニューを開いて行わないといけないのが、非常に面倒。
結局、常にON、ONになってる。なので、バッテリー持ちが悪い。


探したけれど、よいツールもなさそうなので、きっと制約が厳しいとか難しい範疇なのだろう。


まー、4.0で進化した点は認めますが、まだ神と呼べるほどではないように思っています。
2010.06.22.Tue 23:37 | HOBBY | trackback(0) | comment(0)
今週は、以前楽しみにしていて映画館で見ることができなかった映画を、ようやくDVDで見れた。

まず、「沈まぬ太陽」。

ちょうど会社が休みのときに、ぶらりと一人で映画館に行き、入ろうか迷った挙句、
3時間半という長さから見送った経緯がある(結局、東野圭吾の「さまよう刃」を観た)。

原作のほうは、1巻ハードカバーだけは我が家にあるのだが、
かなり早い段階で挫折してしまった。

そういうわけで今回、原作未読です。

感想。
だいぶ時間が足りない。残念です。
組合運動=安全に飛行機を飛ばすため、とはもう少し丹念に書かないとピンと来ない。
ここが弱いと、その後の島流しにあったこと、その中でも信念を貫いて生きていることなどが、
会社との対比の中で心に迫ってこないかなあ。
終身雇用の時代とは、だいぶ変わってきているので、
若い多くの人は「そんなんならやめれば?」と思ってしまうと思う。

それにしても、会社の無法ぶりはすごいね。
本当にこんなむちゃくちゃなことが横行していたのか。たぶん、していたんだろなあ。

そして、変貌してしまう行天さん。あそこまで極端に人は変わってしまうだろうか。


自分が同じような立場になったとき、どのような生き方を選択するのか。
いろいろ考えさせられました。




2010.06.20.Sun 09:16 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
あー、「ゼロの焦点」の映画をようやくDVDで見れたよ。

小説の感想はこちら
ゼロの焦点

木村多江うますぎ。金沢弁もサマになっている。
中谷美紀もさすがだ。鬼気迫る。
広末涼子はちょっと役どころとしては幼いイメージか。
語りのたどたどしい口調は、いかにも現代人。可愛いから許されるが、この映画には合ってないだろ。

室田社長が鹿賀丈史?ちょっと小説読んだときとイメージが違った。最後も違うし。


映画は映画で面白いのだが、やはり小説には叶わない。というか語りつくせていないだろう。

禎子(広末)の、その場面ひとつひとつで「おや?」と思ったことが、
やがて全体の像をなしていく、というストーリーなので、
そうして心のつぶやきを丹念に描いていかないと、難しいんじゃないかな。

だから、最後に一気に全体像を語らせてしまっても、やや無理がある。


室田佐知子(中谷)と田沼久子(木村)の崖上のシーンは圧巻でした。
このシーンはすばらしい。

ここがすばらしいだけに、その後のラストまでのオリジナルストーリーはどうも。。


新しい時代を夢見て懸命に生きた人たちがいて、
その時代の先に、僕らの今生きている現代がある

という
小説では強く感じなかったメッセージには、訴えかけるものがあったよ。

2010.06.20.Sun 08:53 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
あー、金欠だぁ。

先月のあの悪夢のようなレッカー車事件、そして京都奈良旅行の宿泊代、旅行前にネットで買った服代などが一気に銀行から落ちた。

このダメージはでかい。しばらくは大人しく過ごそう。物欲さようなら。



物欲といえば、本当はiPadが欲しかったんだけどね。突然のマイカー購入がなかったら、たぶん買っていただろう。

それと旅行前にはデジ一眼を新調したいなあと、漠と考えていたんだよね。ま、これはちとハードルは高いか。

そして、マイカー購入後はレーダー探知機がほしいなあ、と考えている日々なんだよな。
この2週間、何度ポチりそうになったことか。カートにまで入れてそこで踏み止まっているような状況だ。

あとは服だとかもネットで眺めていたりして、買ってしまいそうなところをぐっと抑えている。

あーつらい。


幸いレッカー代は保険会社から21000円が戻ってきた。これはラッキーだった。
来週になれば子ども手当てが入ってくる。その是非は置いておいて、とりあえず嬉しい。

来月からはマイカーローンも始まってしまうので、しばらく安定するまで大人しく過ごすことにするよ。


2010.06.13.Sun 21:44 | 雑記 | trackback(0) | comment(0)
あー、結局2日で読んだ。

ネタバレしたくないので、あまり詳しくは書かない。
しかしこの読後感はなんだ。後味が悪い。悪すぎる。いや、良い意味で。。。
このぐらいのほうがいさぎよくてよいのだが。。

日菜はまだ途中。
まさに中学1年の娘が、この衝撃的な内容の本を本当に最後まで読んでしまってよいのか。
買ってやったことをちょっと後悔している。中1に読ませる本じゃないじゃないか。
映画もR15指定らしいし。

うーん。まいったね。まあ娘の素直な感性を信ずることにするよ。

じわじわと心に大きな塊が沈んできて、
震え上がってしまいそうな、
そんな本でした。
2010.06.07.Mon 23:44 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)
先週のことだが、日菜が「告白」が読みたい、と言うので本屋へ行って文庫本を買ってあげた。
今映画でもやっている話題のやつだね。

学校の読書の時間に読みたいのだとか。文庫本初挑戦なので果たして読めるのかという気がしたのだが、
今日見てみたらそれなりに進んでいたので感心。

そう思いふと障りでもと借りて読み始めたところ、これがハマるんだわ。
読み始めたら止まらないっす。日菜を追い越し、一気に4章途中まで読み進めてしまった。

最近、小説はどうも挫折しがちで天童荒太の「悼む人」も途中で止まっている。
一応読みすすめてはいる「レディジョーカー」も歩みが遅い。

それに比べればこの「告白」は一気に最後まで行ってしまいそうだな。
2010.06.06.Sun 19:20 | 文化評 | trackback(0) | comment(0)






PROFILE
ENTRIES
CATEGORY
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES